バリスタの資格を取るには│コーヒーを学ぶなら専門学校をチェック

女性

いくつかの試験

コーヒー

コーヒーを美味しく淹れることができるだけでなく、産地別のコーヒー豆の違いを知っている専門家のことをバリスタといいます。このバリスタになるためには資格を取得する必要があるのです。バリスタの資格は国家試験ではありませんので、バリスタ協会が定めている試験に合格することができれば取得することができます。協会が定めている試験は三段階あって、順序良く試験に合格しないといけないためすぐに三段階目の試験を受けることはできません。最初に行なう試験では、基本的な知識と技術を身につけているのかをチェックします。コーヒーについて様々なことを教えてくれる専門学校を卒業した生徒であれば取得することができるでしょう。この試験に合格することができれば次に試験の受験資格が与えられるのです。次の試験ではエスプレッソコーヒーに関する高い技術と知識が必要になります。また、コーヒーだけではなく水や牛乳などのコーヒーに関わる飲みものについての問題がでるはずです。それ以外には、上質なコーヒーを淹れるための専用マシンの扱いかたを理解しているかという内容の試験を行ないます。専用マシンに関する知識や技術は、講習を受けていれば問題はありませんので必ず合格したいという人は、講習を受けてから試験に挑みましょう。最後の試験はコーヒーに関すること以外にお客さんへ高度なサービスを提供することができるのかという試験を行ないます。バリスタになるためにはこのような試験に合格しないと資格を習得することができません。ですから、独学だとどうしても限界がありますからコーヒーに関することを学ぶことができる専門学校に通うようにしてください。