バリスタの資格を取るには│コーヒーを学ぶなら専門学校をチェック

女性

寿司職人になるには

お寿司

寿司職人になるためには、今まではその店に入って店長に様々な技術を教えてもらってからでないとなることはできませんでした。ですが、最近では寿司職人になるために様々な知識や技術を教えている学校がありますので、職人になりたいという人はこの学校で勉強してみましょう。多くの学校がある中で、一ヶ月の授業だけですぐに寿司職人に必要な知識や技術を身につけることができる所があります。一ヶ月と期間は短いですが、その分濃密な授業を行なっているのですぐに様々なことを学ぶことができるはずです。この学校では、最初に料理の基本を教えるために包丁の基本的な切りかたや研ぎかた、清掃の方法などの包丁に関する扱いかたを教えています。包丁の扱いかたを学んだ後は、寿司に欠かせないシャリとネタに関することを学ぶのです。シャリの炊きかたや切りかただけではなく寿司酢の作りかただったり、様々な魚介類の捌きかたや下処理と仕込み方法だったりを学校では教えてくれます。学校では講師が丁寧に教えてくれますし、練習のために自分の食事も作るのでいろいろな料理を作ることができるはずです。シャリやネタの仕込み方法の次は、寿司の握りかたや軍艦や細巻などの巻きかただけではなく、いなりなどの寿司の握りかたを教えてくれるでしょう。他にも天ぷらや茶碗蒸しなどの様々な和食の作りかたや知識に関する授業を行なっています。和食料理をだしている店で働くことができるように和食に関する技術を身につけることができるのです。このような内容の授業を一ヶ月で行なう学校がありますので、職人になりたいと考えている人はこの学校で様々な技術を身につけてみてください。